2013.03.18

発酵食品で免疫力はアップできているのか? その1 -ヨーグルティアで手作り豆乳ヨーグルト生活実践中


こんばんは、スギハラ食堂です。
今夜は『主治医が見つかる診療所』で
『腸を健康にして若返り・免疫力UP・やせる・実現SP』
やっていたのですが、完全に忘れて見そこねました。
9割の確率で、きっとヨーグルトはじめとした、
発酵食品ネタをやったに違いないのに!! くやしい!!(笑)


ちなみにその間、何をしていたかというと、
家族がスケート見ていたので、一緒になって見てました。
浅田真央ちゃん、パラソル持って可愛かった…。


番組内容の概要は、後日、公式サイトであがるでしょうから、
のちのちあらためてチェックするとして、
塩麹やヨーグルトで最近流行りの発酵食品の免疫力アップ効果について、
管理人なりにまとめてみようと思います。

OTAKU気質なので、ハマると調べまくるんですよ…。
ひと通り調べると気が済んじゃうんですけど。




『腸内環境を整えると免疫力がアップする!?』

ちょうどこの話を書こうと思ったきっかけである、
「主治医が見つかる診療所」や「ためしてガッテン!」などのTV番組や
「病気にならない生き方」「免疫革命」などの医師著作の本で、
腸内環境を整えると病気になりにくい、というのは、
この数年で、一般にも、かなり知られてきたように思います。


腸の役割は、食べ物の消化吸収や排泄物を作るだけではありません。
食べ物が体内の中に入るのをイメージするとわかるのですが、
腸というのは、体の内側にあるのに、
口から食道、胃、そして腸へとつながって、
外界に直に接している臓器です。


外界に直に接しているために、
体内に侵入してくる細菌や有害な物質に直にさらされます。
戦場で言う、いわゆる『前線』なんですね。


『外からの侵入者』…細菌やウイルスに立ち向かう為に、
前線基地である腸には、多くの免疫細胞が集まっています。
そして、その免疫細胞がしっかりと働くには、
腸内細菌が良い状態であることが重要になってくるのです。



『腸内細菌はじゃあ何をやっているのか?』

腸内細菌の状態を良くしろと言われても、
じゃあ、具体的に彼らは何をやっているのでしょう?
色々と役割はありますが、主な項目をあげてみると、


●免疫力を高める
●体内酵素を作る
(体内酵素の欠乏や消耗が老化や病気にかかわる)
●体内に入った細菌や毒素、化学物質等を排除・分解
●食べ物の消化・吸収
●ビタミンを作る



などなど。腸、頑張ってくれてます。
乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が増え、
腸内の環境が良くなると、お通じが良くなるだけでなく、
免疫力が向上し、風邪にかかりにくくなったり、
かかっても軽くすんだりというのは、


腸内の環境が良くなる

腸内細菌の活動が活発化する

免疫力がアップする



というサイクルから成り立つものなんですね。
このことから、テレビや雑誌等のメディアで取り上げられるような、

「健康の為にヨーグルトを食べよう!」
「ヨーグルトは体にいい!」


という情報になっているのだと思います。
実際、ヨーグルトは体にいいと思います。
日本人に不足しがちなカルシウムの補給にもいいですし、
(牛乳ベースのヨーグルトの場合)
便通が良くなる場合が多いので、
それだけでもスッキリ感が違いますから。

ただ…。
日本人がヨーグルト食べ始めたのって、
生物の歴史として見たときに、ほんの最近なんですよね。
牛乳を飲むことですら、明治か大正の近代に入ってからでしょう、日本人。

戦後はすっかり欧米ナイズされつつある日本の食生活ですが、
ちなみに、スギハラ食堂もハンバーガー大好きですが、
基本的に草食系(?)の歴史が長かった日本人の腸と腸内細菌の環境は、
それなりに草食系に相応しい形で、進化してきたと思うんですよ。

この戦後世代の1世代、2世代ぐらいの世代交代で、
すぐに肉食系に腸がチェンジするほどの進化適応性はないんじゃないかなと…。
あくまで個人的な意見と考えなんですが、
マクロビやローフード、発酵食等の本を何冊か読んでみると、
あながち大きく間違ってもいないようです。


なので、腸内環境を改善という意味合いで、
ヨーグルトを作ろう・食べようと思ったとき、
牛乳じゃなくて豆乳にしようと考えたのは、管理人にとって、
わりと自然な流れでした。


牛乳は牛乳で美味しいんですけども。
用途によっては牛乳も使います。毛嫌いしているわけではないです。
スキムミルクは常備してますしね。


まあ、ごちゃごちゃ言ってますが、


豆乳、常温で日持ちするっていうのが
牛乳から乗り換えた一番の理由でした!(笑)



栄養二の次でした(笑)


さて、長くなっちゃったんでつづきます!
次は今流行り(?)の塩麹や甘酒の話もありますよー!たぶん!



**ブログランキングに参加しています!
**この記事がおもしろかったor役にたったらポチっとお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログへ




2013.03.09

手作り豆乳ヨーグルトと牛乳ヨーグルトの栄養についてまじめに考えてみる【発酵女子生活 こぼれ話】


こんばんは、スギハラ食堂です。
最近ヨーグルトネタばっかりですみません。
先日行った東京・上野のエル・グレコ展の話も近いうちに!


さて、ヨーグルティアで豆乳でヨーグルトを作ることに
ここのところ夢中な管理人ですが、
先日の記事、

まじめに手作りヨーグルトの健康効果について考えてみる その1
まじめに手作りヨーグルトの健康効果について考えてみる その2

これらを書いている時に、
当然ながら、ヨーグルトを作るときに、
ベースが牛乳か、豆乳かでカルシウムをはじめとする
含まれる栄養素が変わってくるということにあらためて思い至りました。


というわけで、あらためて、
豆乳ヨーグルトと牛乳のヨーグルトの違いについて見てみようと思います!


『豆乳と牛乳のヨーグルトの栄養の違いについて』


基本的にヨーグルトになったとしても、その含まれる栄養素は、
ヨーグルトを作成するときに追加したベースの乳、
つまり牛乳か豆乳の栄養にヨーグルトになった後も準ずる形になります。


牛乳と豆乳を比較すると、ほとんどの栄養成分はさほど変わらないのですが、
カルシウムと鉄分に関しては、かなりの差があり、
牛乳に比べ、豆乳は含まれるカルシウムの量が
およそ1/3以下になってしまいます。
反面、鉄分は牛乳にはほとんど含まれておりませんが、
豆乳には含まれています。


つまり、市販の牛乳から作られたヨーグルト、
手作りでも牛乳から作ったヨーグルトの最大のメリットとも言える、

「カルシウムが吸収されやすい形になって含まれている」

というメリットが豆乳ヨーグルトでは、
牛乳ヨーグルトほど、期待できないということです。
カルシウム補給を目的として豆乳ヨーグルトを食べようとしている人は
ちょっと注意が必要ですね。
※かくいう管理人も「ヨーグルト」というだけでカルシウム補給できる!
 と思ってました。お恥ずかしい…。



じゃあ、豆乳で作るより牛乳でヨーグルトを作ったほうがいいのか。
個人的にはそれでも豆乳を推します。


豆乳はノンコレステロール、そして豆乳で作ったヨーグルトもそれに準じます。
種ヨーグルトが牛乳ベースのものであれば、
その分のコレステロールは含まれていると考えられますが、
種・乳ともに乳製品を使っている場合より格段に少ない量になるでしょう。


豆乳に含まれる大豆たんぱくは、適量とることで、
血液中の総コレステロール量を減らす力があるとも。
実際、ソヤファームから、血清コレステロールが低下する効果で
特保(トクホ)の認可をとった豆乳ヨーグルトが販売されています。


また、大豆に含まれている大豆イソフラボンは
骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨を丈夫にします。

大豆に含まれるマグネシウムはじめ、
銅や鉄等の微量元素といったミネラル分がバランスよく
配合されていることもカルシウムの吸収を助ける役目を果たしています。


が、肝心のカルシウムが豆乳ベースのヨーグルトでは
牛乳ほど含まれていない…。
でも大豆由来成分は摂りたい。



じゃあ、どうするか。
ヨーグルトの材料にプラスして、スキムミルクを足します。

スキムミルクはいわゆる脱脂粉乳と言われていたアレで、
牛乳から脂肪分を除いた脱脂乳を粉末状に乾燥させたもの。
脂肪がほとんど含まれていないので少ないカロリーで、
たんぱく質やカルシウムを摂ることができます。


先日の記事を書いているときに、
豆乳ヨーグルトに思いのほか、カルシウムが含まれていないことに
あらためて気づいたので、
次回、作成分にはスキムミルクをプラスしてみようと思います!
味や質感もまた作ったら、ご紹介しますね!


ところで、昨夜もダノンビオ
(加糖のプレーンタイプが残っていたのでそれで)+
紀文の調整豆乳1Lでヨーグルトを仕込みました。

随分数日前から比べると気候があたたかくなってきたので、
前回より1時間少ない保温時間に設定したのですが、
バッチリ出来てましたよ!

今はそのうちの500g弱を、ケーキにするべく水切りしている最中です。
一晩水切りしたヨーグルトで、チーズケーキもどきを作る予定。
上手くできますように!



**ブログランキングに参加しています!
**この記事がおもしろかったor役にたったらポチっとお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログへ


2013.03.08

まじめに手作りヨーグルトの健康効果について考えてみる その2【発酵女子生活 こぼれ話】


こんばんは、スギハラ食堂です。
最近、手作りヨーグルト三昧の日々を送っているので、
ついでにヨーグルトの健康効果も
本とネットと個人的見解で述べてみようのコーナー(?)です。


ちなみに前回の記事:
まじめに手作りヨーグルトの健康効果について考えてみる その1


『豆乳ヨーグルトで効果的と思ったこと その2』
※スギハラ食堂調べ(管理人の主観です・活用はあくまで自己責任でお願いします)



●免疫力がちょっとあがっていたのかも?
実は管理人、今、扁桃腺はらしてます。
一昨日から抗生物質を処方されて服用しています。

ソレ、免疫力あがってないじゃん! とツッコミを受けそうですが、
普段だったら、喉に違和感を感じてから声がでなくなるまで、
管理人の場合、タイムラグがほどんどないんです。
朝起きると、昨夜までさほどでもなかったのに、声が出ない。

それがいつもなんですが、今回は喉の奥に違和感を感じてから、
じわじわと喉の炎症が起きていて、
最終的には薬に頼ることになりましたが、
それでも普段なら、今ぐらいの痛みなら、
声がでなくなっていてもおかしくないのに、
普通の会話であれば問題なくできています。
カラオケで熱唱しろと言われたら多分無理ですけど(笑)

普段よりも症状の進行が抑えられている気がするので、
もしかしたら、免疫力がちょっとあがったのかなと
都合良く解釈しました(笑)



●整腸効果
先述したように、扁桃腺の張れによって
管理人、今、抗生物質服用3日目です。
で、二日目まで便の状態が普段と同じの良い状態だったので
完全に忘れてたんですが…。

管理人、抗生物質飲むと、初日から、たいていくだすんですよね…。
お食事中の方、大変申し訳ありません…。

抗生物質によって、腸内の環境が破壊されるからなんでしょうけど、
今回、くだすまでにタイムラグが生じていたので、
ヨーグルトによって多少なりとも腸内環境の強化ができていたため、
抗生剤のんでも、1日2日、腸内環境を保ててたのではないかと
個人的に推測しています。


そして、ヨーグルト。
ブルガリアやバルカン半島、地中海の方にある国々では、
乳幼児の下痢止めとしても使われているのだとか!

冷蔵庫から出したてだと体もお腹も冷やすので、
ちょっと常温に戻してから、現在食べるようにしてます。


なお、特保(トクホ)や医薬品であっても、
効果には個人差があるくらいですから、
あくまで個人の一意見として参考にしてくださいね。


さて、今夜はダノンビオ種で、また豆乳ヨーグルトを仕込みます!
せっかく手作りヨーグルトが沢山あるのに
お菓子や料理には、まだ使ってないですねー。
ヨーグルト+蜂蜜だけで十分美味しいので、なかなか次に進まない(笑)


蛇足ですが、くだしている時は、脱水症状になりやすいので、
ポカリのようなスポーツ飲料や、
できれば体液により近い組成の経口補水液(市販品だとOS-1など)で
こまめに水分補給してくださいね!

今回の記事、くだすくだす連呼していて、
読んでくださった方で不快な気持ちになられたなら、
あらためてお詫び致します…。
この記事が読んでくださったあなたのお役に立てますように!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。