2013.06.19

【ヨーグルティアで!】【簡単レシピ】旬の青梅 DE 夏バテ対策梅シロップ!!


おはようございます、スギハラ食堂です。
昨夜の「スギハラ食堂復活宣言」で予告させていただいたように
今回は、我らがヨーグルティアを使って、
今の季節限定な青梅を使って、梅シロップを作りますよー。


参考にさせていただいたレシピはこちら。
Cpicon 炊飯器を使って梅ジュース by kumaneko7


このレシピでは「炊飯器の保温機能」を使う、となっています。
が、当食堂には炊飯器はない…。
いや、しかし待たれい!
あきらめるのはまだ早いのですぞ!


調べてみたら、炊飯器の保温温度というのは
機種によって差はあるもののの、65度〜70度程らしい。
そして、現行機種のヨーグルティアの最高温度は65度



イケる…!(笑)









CA3F0949.JPG
まずは青梅とお好みの砂糖を用意します。
今回は梅500g強・砂糖300gで。
砂糖はザラメ糖にしてみました。
ヨーグルティアの内容器の大きさだと、
梅500gで作るのがちょうど良い
と思います。












CA3F0937.JPG
梅を流水で優しく洗って












CA3F0939.JPG
竹串を使って、ヘタを取ります。
スルっと取れてオモシロイ。
これをやっておかないと、ヘタのところからカビやすくなります。











CA3F0953.JPG
梅の水気を一個一個丁寧にふいて、
砂糖と交互に、レンチン消毒しておいたヨーグルティアの内容器に入れます。
写真、あまり交互じゃないですが、気にしてはいけません。












CA3F0956.JPG
設定温度を最高温度である65度に、
時間はひとまず9時間にして、スタート!












CA3F0959.JPG
9時間後。
この時点でもシロップは出来ていますが、
まだまだ梅の実はふっくらしていて、シロップが取れそうです。
味見してみたシロップはキリっとした酸味があって、美味!


梅の実がしわしわになるまで、梅のエキスは抽出できるはず。
というわけで、仕事に行ってる間、
余熱+常温(通電していない状態)で、ヨーグルティアの中に放置してみました。
時間としては10時間ほどです。












CA3F0961.JPG
さらに梅のエキスが出てきました!
もうちょっと行けそうなので、
更に 65度・4時間 + 余熱・常温・8時間 で放置。











CA3F0963.JPG
梅もかなりシワシワに!








CA3F0964.JPG
シロップもこんなに取れました。
これで梅シロップのできあがり!


本来、常温なら約一ヵ月程かかる梅シロップが、
ヨーグルティアを使うと、
わずか1日半で出来ちゃいました!

今回は試行錯誤しながらだったので、余計に時間がかかってますが、
おそらく65度のまま、ずっとエキスを抽出していたら、
もう少し早くできあがるのではないかと。
これは、また、試してからご報告しますね!


この梅シロップ、水割り・サワー割・ビール割(笑)、
かき氷のシロップ等々、夏は使いでがあるのですが、
オススメは牛乳(豆乳)割!
大さじ1ほどの梅シロップ(割合はお好みで)に
コップ1杯の豆乳を入れて、
よく混ぜると、ゆるーくとろみが付いて、
梅ネクターみたいになって美味しいんです!
当食堂は豆乳で作っているのですが、腹持ちもいいし、
脂肪分は牛乳に比べたらないしで、間食予防・ダイエットにも良さそうですよー!


今の時期しかない旬の梅で、
簡単梅シロップ、ぜひお試しあれ!


Cpicon 炊飯器を使って梅ジュース by kumaneko7
kumaneko7さま、簡単・美味しいレシピ、ありがとうございます!^^


**いつも応援ありがとうございます!
**ブログランキング現在も参加しています!
**この記事がおもしろかったor役にたったらポチっとお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。