2013.05.08

【ヨーグルティアで作ってみた】西京味噌を手作りしてみたよ! 1/2


こんばんは、お久しぶりです。
スギハラ食堂です。
みなさんはゴールデンウィーク、楽しみましたか?
当食堂は、むしろゴールデンウィークの方が忙しかったです…。
つ、辛かった…(笑)


当ブログの更新は滞りがちでしたが、
ヨーグルティアでウキウキ発酵生活(笑)は、
ネットの外でももちろん続けておりました!


今回はブログをサボっているあいだにヨーグルティアで作った、
西京味噌のつくれぽをお送りしたいと思います。


お味噌にも色々ありますが、今回作った西京味噌。
以前作った手作り味噌と比べ、加える塩分が少ないです。

以前の味噌作りレポート記事
スギハラ食堂2012冬ver.手作り味噌仕込み記録


調べてみたら、西京味噌は熟成期間が短いため、
塩分濃度も6〜7%と低く、色も薄く仕上がるそう。
また、塩分濃度は低いのに、麹の量は多いので
麹甘酒同様、砂糖を加えていないのに甘いんです!


そのため、西京味噌はその甘さをいかして、
白味噌仕立ての味噌汁、田楽などにつかうのが良いとのこと。
また、クリームシチューやパスタなどクリーム系の料理に加えるのも
味がまろやかになり、手軽に旨味も加えられるとか。
もちろん西京漬けも挑戦したい!


というわけで、富澤商店で1キロの米麹と大豆を買ってきて、
作ってみました西京味噌。



『ヨーグルティアで手作り西京味噌 前日準備編』


レシピはヨーグルティア付属のレシピそのままで、
今回作ってみました。

PAP_0418.JPG









PAP_0437.JPG

材料は作りやすい分量で
米麹 200g
乾燥大豆 100g
塩 30g



これだけで、あの複雑な味のするお味噌ができてしまうんですから、
発酵食品って不思議だなと毎回思います。











PAP_0435.JPG

乾燥大豆を3倍程度の水に一晩浸けておきます。
今回は乾燥大豆100gと少量だったので、
当食堂にある圧力鍋の小さいサイズの方を使用。
シラルガンの2.5Lタイプのものです。
小さいですが、この子、すごい重いです…。
美味しく煮炊きできる、優秀な子なんですけどね…。


すごく、重いです。













PAP_0433.JPG

米麹をほぐすのも兼ねて、ビニール袋に麹と塩を入れます。













PAP_0431.JPG

ふりふり、もみもみ。













PAP_0429.JPG

混ぜたら冷凍庫に入れておきます。
これで、前日夜の準備は済みました。
大豆がたっぷり水を吸った翌日に作業は持ち越しです。


今日は短いのですが、作業的にきりがいいので、
翌日作業分はまた明日ー。

ヨーグルティアで手作り西京味噌 当日編(2013年5月10日更新)


**いつも応援ありがとうございます!
**ブログランキング現在も参加しています!
**この記事がおもしろかったor役にたったらポチっとお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。