2013.04.27

【食べ比べ!】「明治ブルガリアヨーグルトレシピひろがるプレーン」vs「森永濃密ギリシャヨーグルトPARTHENO(パルテノ)」vs「水切りver.自家製ビノンダオ種豆乳ヨーグルト」! 2/3


こんばんは、スギハラ食堂です。
世間様は今日からゴールデンウィークですね!
当食堂はサービス業ですので、連休なぞ関係ありません。
みなさまに喜んでいただけることこそが、しあわせ、ヨロコビなのです。
連休羨ましいとか、
ものすごく思っていますとも。



さて、今回は

【食べ比べ!】
「明治ブルガリアヨーグルトレシピひろがるプレーン」
 vs「森永濃密ギリシャヨーグルトPARTHENO(パルテノ)」
 vs「水切りver.自家製ビノンダオ種豆乳ヨーグルト」!



の第二回、
「森永濃密ギリシャヨーグルトPARTHENO(パルテノ)」編
お送りいたします。
なお前回の記事はこちら
【食べ比べ!】「明治ブルガリアヨーグルトレシピひろがるプレーン」




【食べ比べ!】
「森永濃密ギリシャヨーグルト
    PARTHENO(パルテノ)」編






PAP_0277.JPG




この商品、管理人がいつもお邪魔してるブロガーさんのところで
すでに紹介されていますよー!


便秘解消スッキリブログ(えばらぎおばさま)
ギリシャヨーグルトちゅうのを食べたど


便秘とあるのですが、
腸内環境整えたいお腹ゆるくなりがちなお嬢さんにも
個人的にはチェックしてもらいたいところ。
結局のところ、下痢も便秘も腸内環境が乱れると起こりやすいそうですし…。
ちなみに当管理人はお腹ゆるくなりがちな方です。


ハッ。
何シモ事情を暴露してるんでしょう!?



本題。
実は、ギリシャヨーグルト、
雑誌でも取り上げられていたりしていて、
発売直後から情報は知っていたにも関わらず、
全然食べる気なかったんです。


だって、しょせん水切りヨーグルトだべ?


と。
しかし、えばらぎおばさまのブログで、
たまたまこの記事を見つけ、その後、店頭で見かけるたびにソワソワ(笑)
潔く今回、買ってみましたとも!(笑)


ちなみに、このギリシャヨーグルト・パルテノも
関東甲信越地方限定販売だったようですが、
メーカーサイト記載の店舗以外で当食堂は入手したので、
販売経路増えてるのかもしれません。
森永濃密ギリシャヨーグルトPARTHENO(パルテノ)HP



それでは試食してみましょう。









PAP_0262.JPG

開封。
中、見えづらいですが、クリーミーな感じ。
前回の「明治ブルガリアヨーグルトレシピひろがるプレーン」より、やわらかく、
ポテッとしたクリーム、といった質感です。
スプーンですくってみます。












PAP_0260.JPG

「レシピひろがるプレーン」の時のような抵抗感はナシ。


しかし、落ちない。


クリーミーなぽってり感はなかなかのものです。











PAP_0259.JPG

前回と共通のハチミツを入れます。
スーパー特売のやつ。
ちなみに、先ほど、メーカーサイトで知ったのですが、
ハチミツはギリシャの幸福のシンボルなのだそうです。
しあわせになりたい…。
















PAP_0258.JPG

ハチミツを混ぜたところ。
「レシピひろがるプレーン」よりクリーミーな分(味ではなく、かたさが)
混ぜやすいです。


味は、こちらのパルテノもヨーグルトの酸味はほのかにあるのですが、
より、味もクリーミー・濃厚な感じがしました。
前回のレシピひろがるプレーンがクリームチーズのイメージなら、
こちらはより生クリームよりな…?


今回、ハチミツでいただきましたし、
ハチミツも濃厚さがさらにアップするので美味しいのですが、
これ、フルーツソース、絶対に美味しいと思う!


実は、当食堂の他のメンツ用には、
フルーツソース付のを買ってきてあるので
やつらが食べるときに、ひとくち、もらおうと思います。







PAP_0254.JPG


前回の「レシピひろが(以下略)」でお腹が膨れていたにも関わらず、
おいしく完食。
これ絶対フルーツソース美味しいって!※2回目です


そして、ヨーグルトと侮るなかれ。
この時点で、相当な腹具合になりました。
2品分食べたからとはいえ、
ヨーグルトでこんなに満腹感を得られた経験はかつてありません。
個人的に、この2品を食べ比べた印象としては、



前回の明治さんの「レシピひろがるプレーン」は
より水分量が少なく、形がしっかりしているので、
料理やお菓子作りの材料として、より向いている。
酸味もほんのりあり、
元々のヨーグルト自体が好きな人には
こちらの方が好まれそう。




森永さんの
「濃密ギリシャヨーグルト・パルテノ」は
かためとはいえクリーム状であり、
形を生かしたレシピの材料には使えない。
が、生クリームを混ぜてあるような濃厚さがあり、
これ単体でデザートとしていただくのに、
より向いている。




といった感じ。
両者とも、同じ「水切りヨーグルト」ジャンルでありながら、
売りわけ上手いな…!(笑)
どっちも濃厚で、美味しいというのは確かです(笑)


この二つのあとで食べるの微妙に気が進まないのですが、
食べ比べラストは、当食堂でおなじみ!


ヨーグルティアで作った
自家製ダノンビオ種豆乳ヨーグルト・水切りver!!



勝負はハナから見えていますが、
まあ、ここまで来たら、つきあってやってください(笑)



**ブログランキングに参加しています!
**この記事がおもしろかったor役にたったらポチっとお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログへ





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。