2013.04.24

明治ブルガリアヨーグルトの新製品「レシピひろがるプレーン」…なんでそんなに水切りヨーグルトブームなの


こんばんは、スギハラ食堂です。
今夜はちょっと短いです。
味噌醸造記録「あい らぶ ヨーグルティア!」※レビューです(笑)
力尽きました。


しかし、管理人は満足です。
懐かしのアニメ特集あたりでの常連シーン、
明日のジョーの例の燃え尽きシーンのように全力で書ききった、
「あい らぶ ヨーグルティア 最終回!」は近日公開予定!



ところで、先日いただいたコメントで思い出した小話をひとつ。


手作りヨーグルトをヨーグルティアで作るようになる前は
市販のヨーグルトは当食堂も断然、明治さんのブルガリアヨーグルト派でした。
他のメーカーさんのも食べてましたが、
ブルガリアヨーグルトの酸味とまろやかさが
当食堂的にはちょうど良かったんですよね。


今、ヨーグルトの種菌にダノンビオを使っているのは、



・ダノンビオ1カップで、ちょうど1L豆乳のパックを使い切れる作成量

・わりと賞味期限が長い

・固まる力が強い

・いつの間にか酸味よりまろやかさ重視になっていた

(作り始めたのが寒い時期だったのもあります。
 たぶん暖かくなってきたら酸味が欲しくなりそう。)

・酸味が強くない分、料理にもお菓子にも使いやすそう



っていう、利便性の部分も大きいです。
もちろん、味も好きですよー!(笑)


で、当食堂内で最近注目しているCMが、
この記事のタイトル、明治さんの「レシピひろがるプレーン」
メーカーサイトさん(明治ブルガリアヨーグルト「レシピひろがるプレーン」から
商品説明引用させていただきました。


濃厚なコクとしっかりした固さで料理に使いやすいプレーンヨーグルトです。
明治ブルガリアヨーグルトのLB81乳酸菌を使用しており、
濃厚なコクとクリームチーズのような食感は
そのままでもおいしく召し上がれます。





もしやそれは通常のブルガリアヨーグルトの
水切りバージョンなんじゃ…?





今、限定発売中の関東甲信越地方では、
この商品のCMが、けっこうな頻度で流れているのですが、
これを見るたびに、上記の討論がおこなわれる当食堂なのであります。


手作りヨーグルトがあるのに買うのもなんかなぁと思うのですが、
一度くらい試食してみます?みるべき??
なんかオチが買う前から見えてるような気がする…んですが、
気がむいたら買ってみようと思います。




ところで…。




引用タグ(<blockquote>)って
はじめて使ったんですが、
あんな風になるんですね!!!




inyoutag.jpg



ブログ歴、趣味のものを含めるとさりげに長いのですが、
4年目にして始めて知った真実…!


むしろこっちの方が、新製品発売より衝撃です。
そして気づけばやっぱり長文だった…。




**ブログランキングに参加しています!
**この記事がおもしろかったor役にたったらポチっとお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログへ





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。