2013.04.11

2012年の2月に仕込んだお味噌を開封!【発酵食品】【手作り味噌2012ver.】


こんばんは、スギハラ食堂です。
わりとウッカリ忘れていたのですが、
昨年の2012年の2月に、麹と大豆で手作り味噌を仕込みました。
貴重な休日を分散して2,3日がかりで大豆4キロ分仕込んだ気がします。
※記憶曖昧(笑)


通常、味噌を仕込んでしばらく(ひと月ふた月?)経ったら、
天地返しといって、お味噌をかき混ぜて、
熟成にムラがないようにする作業があるのですが、
完全に忘れていた当食堂は放置!!
いっそ潔いほどに放置プレイ状態でした!!!


かき混ぜることなく、当初仕込みの時に容器に詰めた状態のまま、
内心ドキドキしながらの封印を解く作業だったのですが…。


PAP_0185.JPG

心配していたカビも生えておらず、綺麗にできてました!
香りもお味噌のいい香り〜!
舐めてみたところ、味も若干、いつものスーパーのものよりしょっぱいのですが、
とはいえ、麹と大豆、そして塩しか使っていない、
余分なものは何も入っていない無添加の味噌。
腐敗防止としては、このくらいのしょっぱさがいいのかもしれません。


お味噌を熟成・保管に使っていた容器は無印良品の琺瑯の大きいサイズ。
このままだと、日々の料理に使いにくいので、
いつもお世話になっておりますダイソーさんな100均ショップで
またもや容器を買ってきまして、煮沸消毒後、
適度な分量を、このタッパーへ。




PAP_0181.JPG





これを、冷蔵庫に入れておいて、日々の料理に。
この中が少なくなってきたら、また琺瑯の容器から足します。
琺瑯の容器の方は冷暗所(というか階段下の日の当たらない納戸)にて保管。


また表面を均して、その表面をなるべく空気が入らないように
ラップでぴっちりおおって(※おそらくカビ防止のため?)、
本来の容器の蓋をして、また暗い納戸の中にお帰りいただきました。


PAP_0183.JPG






PAP_0180.JPG






PAP_0178.JPG




去年がはじめての味噌作りだったのですが、
結構簡単だったので、近日中に手作り味噌のレシピと工程も
まとめたいと思っています。
自分の覚書用に(笑)


きゅうりにつけて食べたりはしているのですが(美味しかった!)、
これでまだ味噌汁を作っていないので、
どんな仕上がりになるか楽しみですー!




**ブログランキングに参加しています!
**この記事がおもしろかったor役にたったらポチっとお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログへ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。