2013.03.20

【麹で甘酒作ってみた】麹少なめ配合のエコ甘酒ができました 〜ヨーグルティアde醸すぜ!発酵女子生活 米麹の甘酒 その2


こんばんは、スギハラ食堂です。
昨日作った麹甘酒が、管理人的にかなり好みの甘味・濃さに仕上がったので
自分の覚書を兼ねて、レシピを記録しておこうと思います!
しかもエコです! フトコロにも優しいです!(笑)


ちなみに当食堂での甘酒の作成には、
タニカさんの65度までの温度設定ができるヨーグルトメーカー、
ヨーグルティアを使用しています。



CA3F0631.JPG
まさかの衝動買い商品が、こんなにも
スギハラ食堂の食生活をまさに今、塗り替えんとするとは…。
発酵の道、おそるべし。



すでにこのヨーグルティアで甘酒は試したことがあり、
美味しく甘く仕上がり、それなりに成功していたのですが、
その時の配合だと、管理人的に水分が多かったんですね。
飲むだけではなく、お菓子や料理の甘味料としても使ってみたかったので、
もうちょっと濃度がほしくて…。


ちなみに初回の時の麹甘酒のレシピはこちらの記事でご紹介しています。
ストレートで飲む分には、サラッとしていてこれはこれで美味しかったです。
また、この時のレシピは残っているご飯で作ったので、
お米から炊かなくていいのも、気楽に作れます。


というわけで、前回の改良したい点をふまえ、
今回は水分量を少なめにして再挑戦。
また、今回は残りご飯が全くなかったので、お米から炊いて作っています。
無洗米を使っているのと、保温調理でお粥を炊いたので、
米からとはいえ、そんなに手間ではありません。
残りご飯の時も、結局、火を使ってましたし、前回。



『麹少なめ配合のエコ甘酒(水分少なめ濃厚ver.)』


材料(作りやすい分量)
※ヨーグルティア使用で成功
※出来上がり量はヨーグルティアの容器半分位

無洗米 1合(今回、北海道産ななつぼし使用)
水 500cc
米麹 100g
(前回・今回とも富澤商店の生米麹使用)




1.お鍋に分量の水を入れてから、無洗米を入れ、30分浸水させる。
 必ず 水を入れて、米 の順番で。

CA3F0709.JPG




2.30分以上、米を浸水させたら、強火にかける。
 鍋の水が沸騰したら、蒸気が蓋のスキマから出る程度に火力を弱め、3分。
 タイマーを使って正確に図ることをオススメします。

CA3F0710.JPG




CA3F0711.JPG
うっかりするとすぐ吹きこぼれそうになるので、気をつけて!
その時は火を弱めてください。
この時は保温性の高い鍋だったのもあって、
かろうじて消えない程度のとろ火まで弱めました。
それでも蓋からは蒸気が出続ける状態を保っています。




3.きっかり3分たったら火からおろし、
 厚手の毛布や、鍋帽子のようなもので保温します。
 シャトルシェフでもOK。
 当食堂は、ずーーーっと以前に通販生活で買った、
 お鍋のクッションみたいな、お布団みたいなもので保温しました。
 保温すること30分。




4.30分後、ちゃんと炊けています。
 通常のご飯とおかゆの間ぐらいのご飯です。

CA3F0715.JPG





5.4でできたごはんを切るように混ぜ、
 上下の炊きむらがないようにしながら、ごはんの温度を下げます。
 料理用の温度計があればベスト。
 ちなみに65〜55度ぐらいに温度が下がった時の鍋肌の熱さは、
 ゆっくり数えて10秒ほど、手のひらをかろうじてあてておける位の熱さでした。
 ただし、管理人の個人的な主観です…。


CA3F0717.JPG
写真がいよいよ理科の実験のようになっています。
なんか楽しい(笑)




6.65〜55度ぐらいに温度が下がったごはんに、
 麹を入れて混ぜます。

CA3F0718.JPG






7.煮沸消毒済のヨーグルティアの容器に6の麹+ごはんを入れ、
CA3F0723.JPG





ヨーグルティア本体にセット。
温度を56度・時間を8時間にして、スタート。
CA3F0724.JPG





途中、3時間経過したあたりで、一回かき混ぜます。
CA3F0751.JPG




8.8時間後、できあがり!
PAP_0761.JPG


お米の粒が指で力を入れずともボロボロと崩れてしまう状態で、
ちゃんと甘味がでていればOKです!
それ以上、発酵が進まないように、氷水等につけて急冷します。
容器の中に水が入らないように注意してくださいね。





CA3F0666.JPG

スギハラ食堂では、冷水にケーキ等を買ったときについてくる、
小さい保冷剤を4,5個入れて、冷ましてます。
常温に冷めたら、冷蔵庫へ。




甘味料かわりにも使いたかったので、
今回、ブレンダーでペースト状にしました。
水分を抑え目のおかゆ(というか水分多めのご飯)で作ったので、
ゆるめのジャムか、クリームのようになりました。
このままムースみたいにスプーンですくって食べちゃいたいくらいです。

PAP_0759.JPG




こっちの写真の方がクリーム感なめらか質感が伝わるかな?
PAP_0755.JPG




結論から言うと、麹の割合は一般的なレシピよりかなり少なめの
エコでお財布に優しい甘酒だったのですが、
かなり管理人好みの仕上がりとなりました。
もち米の方が、通常のうるち米より甘味がでて濃厚になるらしいのですが、
普段気軽に使うなら、スギハラ食堂的には今回のレシピの、
この甘さ・この濃さで、かなり満足です!
何より材料が気軽・麹の量も少なくてお財布にもやさしい!(笑)


このレシピの配合でどうもスギハラ食堂は落ち着きそうですが、
麹の量が少ないので、この二倍量の麹で作ってみたいのと、
もち米の麹甘酒も、ぜひ試してみようと思います。
上手くいったら、こちらもブログにご報告しますね!



PAP_0752.JPG
水を少し足してシナモンをちょっとふってみました。
甘酒と言えば生姜(ジンジャー)ですが、シナモンも美味しいですよ!
今回は冷たいままで。


お粥の保温調理での炊き方はこちらのレシピを、
Cpicon 加熱時間5分弱お鍋でごはんを炊く方法 by 東雲A

甘酒の作り方・麹の割合はこちらのサイトさまを参考にさせていただきました。
Colore-コロレ-
http://www.eonet.ne.jp/~pour-les-petits/index.html


おかげさまで美味しくできましたー!
ありがとうございます!^^



**ブログランキングに参加しています!
**この記事がおもしろかったor役にたったらポチっとお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログへ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。