2013.03.08

まじめに手作りヨーグルトの健康効果について考えてみる その2【発酵女子生活 こぼれ話】


こんばんは、スギハラ食堂です。
最近、手作りヨーグルト三昧の日々を送っているので、
ついでにヨーグルトの健康効果も
本とネットと個人的見解で述べてみようのコーナー(?)です。


ちなみに前回の記事:
まじめに手作りヨーグルトの健康効果について考えてみる その1


『豆乳ヨーグルトで効果的と思ったこと その2』
※スギハラ食堂調べ(管理人の主観です・活用はあくまで自己責任でお願いします)



●免疫力がちょっとあがっていたのかも?
実は管理人、今、扁桃腺はらしてます。
一昨日から抗生物質を処方されて服用しています。

ソレ、免疫力あがってないじゃん! とツッコミを受けそうですが、
普段だったら、喉に違和感を感じてから声がでなくなるまで、
管理人の場合、タイムラグがほどんどないんです。
朝起きると、昨夜までさほどでもなかったのに、声が出ない。

それがいつもなんですが、今回は喉の奥に違和感を感じてから、
じわじわと喉の炎症が起きていて、
最終的には薬に頼ることになりましたが、
それでも普段なら、今ぐらいの痛みなら、
声がでなくなっていてもおかしくないのに、
普通の会話であれば問題なくできています。
カラオケで熱唱しろと言われたら多分無理ですけど(笑)

普段よりも症状の進行が抑えられている気がするので、
もしかしたら、免疫力がちょっとあがったのかなと
都合良く解釈しました(笑)



●整腸効果
先述したように、扁桃腺の張れによって
管理人、今、抗生物質服用3日目です。
で、二日目まで便の状態が普段と同じの良い状態だったので
完全に忘れてたんですが…。

管理人、抗生物質飲むと、初日から、たいていくだすんですよね…。
お食事中の方、大変申し訳ありません…。

抗生物質によって、腸内の環境が破壊されるからなんでしょうけど、
今回、くだすまでにタイムラグが生じていたので、
ヨーグルトによって多少なりとも腸内環境の強化ができていたため、
抗生剤のんでも、1日2日、腸内環境を保ててたのではないかと
個人的に推測しています。


そして、ヨーグルト。
ブルガリアやバルカン半島、地中海の方にある国々では、
乳幼児の下痢止めとしても使われているのだとか!

冷蔵庫から出したてだと体もお腹も冷やすので、
ちょっと常温に戻してから、現在食べるようにしてます。


なお、特保(トクホ)や医薬品であっても、
効果には個人差があるくらいですから、
あくまで個人の一意見として参考にしてくださいね。


さて、今夜はダノンビオ種で、また豆乳ヨーグルトを仕込みます!
せっかく手作りヨーグルトが沢山あるのに
お菓子や料理には、まだ使ってないですねー。
ヨーグルト+蜂蜜だけで十分美味しいので、なかなか次に進まない(笑)


蛇足ですが、くだしている時は、脱水症状になりやすいので、
ポカリのようなスポーツ飲料や、
できれば体液により近い組成の経口補水液(市販品だとOS-1など)で
こまめに水分補給してくださいね!

今回の記事、くだすくだす連呼していて、
読んでくださった方で不快な気持ちになられたなら、
あらためてお詫び致します…。
この記事が読んでくださったあなたのお役に立てますように!






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。