2013.03.05

カスピ海ヨーグルトでやってみた。ヨーグルティアde醸すぜ!発酵女子生活 豆乳ヨーグルトその3


こんばんは、スギハラ食堂です。
最近の当食堂は麹菌やら乳酸菌やらで醸されてそうな気がします。

さて、ヨーグルティア購入後から、
いそいそとヨーグルト作りにいそしんでいるわけですが、
家族より、ヨーグルトのリクエストが。

「カスピ海ヨーグルトが食べたい」

元々カスピ海ユーザーだった我が家ですから、
もし安定して冬場でもカスピ海ヨーグルトが作れるなら、と思ったようです。
いそいそと元種用に市販のカスピ海ヨーグルトまで買ってきてくれました。


元々こちらとしては、ダノンビオ種のヨーグルトに続き、
作ってみたかったヨーグルトなので、
ちょうど前回作成分が尽きそうになっていたので、作ってみました。


基本的にはプレーンの時の作り方と一緒です。
道具類の煮沸消毒・作業工程の流れは先の記事、



ヨーグルティアde醸すぜ!発酵女子生活 豆乳ヨーグルトその1


をご参考ください。
といっても、メーカーさんのレシピそのままなんですけども。

ただし! 注意!!
温度は27度!! 時間は6-7時間設定です!


カスピ海ヨーグルトは、通常のヨーグルトと、菌が活発になる温度が違います。
普段のヨーグルトを作るのと同じ温度設定にしてしまうと失敗します。
夏場の暑い部屋にうっかり置きっぱなしにしてしまったら、
あっという間に過発酵になっていたので(確かモロモロになったような…?)、
おそらく通常のヨーグルトと同じような温か目の温度設定にしたら、
同じようになるのではないかと思います。


カスピ海ヨーグルトは

設定:温度は27度 時間は6-7時間

をくれぐれもお間違いなく!

ちなみに材料の割合も市販のカスピ海ヨーグルトを使うなら、
カスピ海ヨーグルト:豆乳(牛乳)=1:10
というのは同じ。
粉末状の菌を使う場合は、その製品の指示通りにお願いします。


カスピ海ヨーグルトは、通常のヨーグルトとはまた別の粘りがあるので、
特に種となるカスピ海ヨーグルトと豆乳または牛乳とを混ぜ合わせるとき、
豆乳をカップ1〜2くらいずついれて、
そのたびごとによくよく混ぜた方がムラなく混ざると思います。
1L一気に入れた日には、たぶん確実に綺麗に混ざりきれないこと、
間違いありません。


実際に設定した時間は6時間、プラス、ヨーグルティアの中に入れたまま、
おおよそプラス1時間で、中身をのぞいてみますと、ちゃーんと豆乳、
しかも今までと同様の紀文さんの調整豆乳でも、
カスピ海ヨーグルト特有のとろーんとした粘りは再現できていました。



CA3F1703.jpg
とろーん。



いくぶん発酵させすぎたかな…。
ちょっと酸味が出ましたが、ハチミツを加えると、
他のヨーグルト種と作った時同様、なぜか酸味がやわらぎます。


CA3F1699.jpg
豆乳カスピ海ヨーグルト・ハチミツ添え。


少々酸味が気になるので、次は6時間きっかりにして、
急冷して、すぐに冷蔵庫に入れようと思ったのでした。
ちょっと酸味が気になるなぁ…。


なお、カスピ海ヨーグルトができたことに、
材料確保とリクエストしてきた家族はかなり嬉しそうでした。よかったね(笑)



**ブログランキングに参加しています!
**この記事がおもしろかったor役にたったらポチっとお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログへ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。