2013.03.04

【麹で甘酒作ってみた】ヨーグルティアde醸すぜ!発酵女子生活 米麹の甘酒 その1


先日の記事:
【麹の甘酒作ってみた】
 ちょっとひな祭り気分で〜たとえ当食堂に女児がおらぬとも。


こちらでちらりとご紹介していますが、
先日からスギハラの格好のおもちゃとなっているタニカさんのヨーグルティアで、
麹から作るノンアルコールの甘酒を作ってみました。

ヨーグルティアを買った大きな目的の一つに、

「甘酒を作る」

というのがあったのですが、思った以上に早々に着手(笑)

材料となる米麹は、塩麹と手作り味噌をすごーく作りたくなって
作ったときの残りが、冷凍庫に保管してあります。
2012年の頭くらいに作っているのの残りなので、1年以上経過しています。
いくら冷凍保存していたとはいえ、
麹の元気がなくなっているのではないかと、びくびくしながらスタート。


『米麹で手作り甘酒 〜初回ver.』

材料※今回のレシピはコレ。材料の割合はまた試行錯誤すると思います。

炊いてあるご飯 200g
水 200cc
米麹 100g



今回はあらためてご飯を炊いたり、おかゆを炊いたりが面倒だったので、
前日炊いた残りご飯を使用しました。
麹・米・水の割合はネット上のレシピでもさまざまですが、
ひとまず好みはのちのち追求していくとして、
いくつかのレシピを参考に、初回の割合は上記にしてみます。



1.お鍋に分量の水、ご飯を入れ、一度沸騰させ、簡易的なお粥状にする。


2.1のお粥の温度が60度になるまで冷ます。
 熱いまま、このお粥に麹を混ぜ合わせると
 麹の菌が死んでしまい、甘酒になりません。
 冷ましている間に、ヨーグルティア容器とスプーンをレンジで煮沸消毒。


3.お粥が60度台まで冷めたら、
 煮沸消毒したヨーグルティアの容器の中に移し、
 米麹をほぐしながら加えて、スプーンでよくよーく混ぜます。


4.容器に内蓋・ネジ蓋をセットして、
 温度を56度・時間を8時間にしてセット、スタート。

CA3F0631.JPG

 途中で3時間経過したあたりで、一回かき混ぜます。
 混ぜるときに蓋を開けると、麹の発酵している甘い香りがします。
 テンションがあがりますよー。


5.8時間後、できあがり。


CA3F0665.JPG



 画像だとわかりにくいのですが、お米の粒が指先ですっとつぶれ、
 米粒の形はかろうじて留めている程度。
 よく言われてますが、砂糖を使っていないのに
 こんなにも甘くなるものなのかと感動します!
 麹すごいな!

 このあとはそれ以上発酵して酸っぱくならないように、
 こんな風に冷やしてください。
 保冷剤と水を入れた鍋にいれて急冷してます。

CA3F0666.JPG



ネット上を見ていると発行させる時間が10時間のものが多いのですが、
今回8時間にしてみました。
足りなければ追加で増やせばいいですし。
個人的には8時間で十分甘くなったと思います。


結果として、今回は上手に出来たと思います。自画自賛ですが(笑)
より甘く出来上がるとされるもち米使用ではなく、
今回は、ふつうのお米で、しかも残りご飯を利用したのですが、
しっかり甘味もあって、以前失敗した時のように酸味も出ていませんでした。


個人的にはもうちょっとドロっとした濃縮甘酒にしてみたいので、
お米とお水、麹の割合を変えて試してみたいです。


今回のヨーグルティアの時間・温度の設定は、
こちらのサイト様を参考にさせていただきました。


Colore-コロレ-
http://www.eonet.ne.jp/~pour-les-petits/index.html


こちらの「試行錯誤(レシピ)」の中に
ヨーグルティアでつくる甘酒があります。
新型の65度まで温度をあげられるタイプだけでなく、
その前の型の50度までが上限のものでも、
美味しく作れるレシピをご紹介してくださっています。
参考にさせていただきました、ありがとうございます!



※追記:
ひな祭りの日、仕事が忙しくクタクタになって家に帰ったのですが、
夕食後に甘酒飲んだら、しゃっきり元気になりました。
飲む点滴とも言われる麹の甘酒の底力を思い知ることに…!
仕事が忙しい時期には甘酒を常備しておこうかな。


**ブログランキングに参加しています!
**この記事がおもしろかったor役にたったらポチっとお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログへ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。