2013.04.22

【ダノンビオヨーグルト・プレーン砂糖不使用タイプ他、製造・販売中止情報もろもろのまとめ】2013年4月21日現在



danoaisyu.jpg




めずらしく、おはようございます。スギハラ食堂です。
もうこの記事だけでなく、かるくこのブログと管理人そのものが
出オチ系になっているような気がしますが、
みなさまは各自ご自身に必要な情報を取捨択一して、
当ブログを有効にご利用いただければ、管理人としても大変嬉しく思います。


さて冒頭のスギハラ食堂のヌシが
管理人の想定以上に哀愁を漂わせながら言及しているのは
当ブログにこの数日、話題のあのヒトの情報を目当てに、
多くのみなさまにご訪問いただいているカレのこと!
話題のあのヒト! 


ダノンビオヨーグルト・プレーン砂糖不使用。


4月の頭に製造中止になってから、すでに二週間以上がすぎ、
スギハラ食堂では、これが最後のダノンビオ・砂糖不使用タイプとなりました…。





CA3F1956.jpg






これ、賞味期限、4月22日なんですよ!
たぶん、本当に最後の方の製造ラインで作って、
店頭で売られてたコだったんですよ! 超レア!!(笑)

まあ、また「人体における賞味期限の限界」に挑戦する気はないので、
今、ヨーグルティアで作り置いている、
ダノンビオ種豆乳スキムヨーグルトが残り少なくなったら、
さっさとラスト1個使いますとも!
使い惜しみなんてしないよ!


ただ、こんな辺境ブログにまで情報を求めてくださる方が
毎日、結構な人数いてくださるので、
本当、ダノンビオジャパンさんには早々に
砂糖不使用タイプや、マンゴーやナタデココといった
ダノンビオで製造を中止にしている種類の
一日も早い復活を願います。



ウチは加糖プレーンタイプ使えばいいけどネ!


ヨーグルティアいいですよー。
自分で好みのヨーグルトを種菌にして作れちゃうんですからー。
こういう品薄になった時とか超いいですよぉー。
ほーらほら、アナタも欲しくなってきた〜〜〜!





すみません、悪ふざけが過ぎました。
朝からすみません。




マジメな話として、メーカーさんの製造ラインを
完全に再現できるわけではないので、全く同じものは作れないと思います。


明治さんのR-1でしたっけ?
インフルエンザに効果的といって一時期、ものすごく品薄になった、
赤いパッケージが印象的なヨーグルトあったかと思います。

あれのウリの菌種は、空気が嫌いな系統の菌なので、
ヨーグルティアで、個人があの菌を殖やすことはちょっと難しいかもしれません。


逆にダノンビオのウリの菌種は、空気中で増えるタイプの菌なので、
ある程度、ダノンビオのウリの菌を増やしたヨーグルトはできるとは思いますが…。
メーカーさんが謳っている程の効果を持つほど、
菌が増えているかどうかは、また別の問題です。



あくまで、自分の好みの種・材料を使って、たっぷりと
手作りヨーグルトを簡単に作ることができる

というのがヨーグルティアのウリだと思ってください。


ちなみに当食堂で、ヨーグルティアを使ってのダノンビオ種で作る、
手作りヨーグルトのレシピはこちら。
【ヨーグルティア使用】スキムミルク豆乳ヨーグルト(ダノンビオヨーグルト種)
 〜スギハラ食堂的ベスト配合


また、2013年4月21日現在の販売状況の記事はこちら
ご要望にお答えして!?
 【ダノンビオヨーグルト・プレーン砂糖無使用製造中止の続報】

ダノンビオヨーグルト品薄!? 製造中止!?
 スギハラ食堂発酵ライフの危機!!!


ダノンビオヨーグルト続報(最新)※(笑)


とはいえ、当食堂も、やはりなんだかんだ言って気になるので、
またダノンビオヨーグルトの再販や販売状況について気づいたことがあれば
上記のダノンビオヨーグルト続報(最新)にて
お知らせさせていただこうと思いますー!



**ブログランキングに参加しています!
**この記事がおもしろかったor役にたったらポチっとお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログへ




あらためて最後にメーカーさんへの想いをこめ…


danoaisyu.jpg





2013.04.21

これで君も紫蘇マスターだ!【食品長持ち】【保存食品系】【つくれぽ】


こんばんは、スギハラ食堂です。
ニュー・ブログ・パラダイス様でマジメな記事を書くと
その反動か、アレな記事を書きたくてしょうがなくなります。
なんで? コレ何かの病気??


今回はご長寿サイト・クックパッドのちょっとかわった使い方?
かもしれない小ネタをひとつ、ご紹介ー。


料理系ブログをやっている方は特に、
そうでなくとも、20代〜50代女性でインターネット利用している人の
かなりの割合がクックパッドを使ったことがあると、
何年か前の「笑っていいとも」で言っていました。
特に意識していなかったのですが、
管理人も考えてみれば、かなり初期から利用させていただいてましたねー。


で、料理レシピを検索するのはもう当然なる
クックパッド王道の使い方だと思うんですが、
野菜の保存方法だとか、調理器具名で検索すると、
もちろんレシピも検索リストに表示されるんですが、
生活の知恵的小技も結構、ユーザーさんがアップされてるんですよね。


前置きが長くなりましたが、今回はこの小技から検索した超!
スギハラ食堂ではお世話になっている小技をご紹介させていただきます!



いつも紫蘇や香味野菜を使いきれずに傷めてしまって、捨てていたアナタ!
※かつての当食堂デス

そんなアナタももう大丈夫!
今日から紫蘇マスターの道をレッツゴー!!!


使わせていただいたレシピ(保存方法)はこちら!
Cpicon 長持ち!〜大葉の保存方法〜 by HIROマンマ

つくれぽ、送らせていただいたのは今回が初めてですが、
もう半年以上お世話になっています。
こちらの方法よりも当食堂では不精していますけど…ごめんなさい…。


さて、今回の救済する紫蘇のオトモダチはこちら!

PAP_0239.JPG

ひと袋98円(不揃いな分安い)
購入後、冷蔵庫の野菜室に3日ほど放置していたため、
かなり彼らは元気をなくしている様子。







彼らを救済するのに必要なアイテム。

PAP_0238.JPG

紫蘇の葉が立つ形で入るくらいの蓋付容器。
これも確か数年前に100均にて発見。









紫蘇の葉を洗って、葉の大きさが違えども、
茎の部分を揃えて並ます。

PAP_0235.JPG











PAP_0227.JPG

茎は洗いながら、すこーしだけ、
先っぽを水を吸いやすいように切る。
管理人は手で洗いながら ぶちっ と切断しました。







全部洗い終わったら、

PAP_0233.JPG







洗っておいた先程の容器に

PAP_0238.JPG









茎が下に来るように詰める!
ボリューム的に無理そうでも結構詰めちゃう!








PAP_0224.JPG








そして、底1センチくらい、
つまり、紫蘇の葉を花に見立て、
花を生けるつもりで茎の根元の部分に水が行くようにして、
無理矢理蓋を閉める。

PAP_0223.JPG








ビンを横から見た図。

PAP_0220.JPG







この状態で、野菜室ではなく、冷蔵庫に入れれば、
当食堂ではひと月以上、もちました!
本当は3日に1回くらいの割合で、水かえするんですけど、
当食堂はウッカリ忘れて、せいぜい一週間に一回の水かえでしたけど、
大丈夫でした…でも衛生上、たぶん3日1回水換えが無難と推測。
それにして当食堂、ウッカリ八兵衛多過ぎるだろう。


こんなウッカリ野郎の集うスギハラ食堂でも、
この方法で紫蘇がひと月以上、元気でいてくれましたよ!
それまで、散々紫蘇の屍を築いてきた当食堂ですが、この方法に出会ってから、
あらたな屍を重ねることはおかげさまでなくなりました…!!


みなさまもぜひお試しあれ!
これでアナタも今日から紫蘇マスター!!!


Cpicon 長持ち!〜大葉の保存方法〜 by HIROマンマ


超助かってます!
HIROマンマさま、レシピアップ、ありがとうございました!


**ブログランキングに参加しています!
**この記事がおもしろかったor役にたったらポチっとお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログへ



2013.04.20

スギハラ食堂2012冬ver.手作り味噌仕込み記録 2/3【発酵食品】【手作り味噌2012ver.】


こんばんは、スギハラ食堂です。
今日は手作り味噌の仕込み記録の続きその2です。

すでに公開している手作り味噌関連の関連記事。
2012年の2月に仕込んだお味噌を開封!
なぜわざわざスギハラ食堂がお味噌を手作りしてみようと思ったのか



前回は味噌を仕込む前日の準備編でした。
スギハラ食堂2012冬ver.手作り味噌仕込み記録 1/3


今からいよいよ仕込み編です!
一晩水につけた大豆は、水を吸ってかなり大きくなっています。



PAP_0244.JPG
画像じゃ目茶苦茶わかりにくいですけどネ…。
これでも膨れてるのですヨ…。





PAP_0243.JPG

そのままの状態では煮立ててる時に、
圧力鍋の蓋のスキマ等に大豆の皮やカスが入るので、
落し蓋をします。

今回は、このフィスラーの圧力鍋に元々付属していた
蒸し籠を落し蓋代わりに使いました。






PAP_0240.JPG

この圧力鍋で、圧力弁があがって15分加圧。
自然に弁が下がるまで放置。
豆の水分量や、鍋によって圧のかかり具合が変わってくるので、
加圧時間は適宜調整してくださいなー。







PAP_0234.JPG

目安としては、おはしや指で、お豆を一粒つまんでみて、
力を入れなくても柔らかくつぶれるぐらい、煮えていればOK!






PAP_0147.JPG

ザルにあげて、煮汁と煮大豆をわけます。
煮汁はまだ使うから捨てないでネ!







PAP_0143.JPG

お豆が熱いうちに煮汁をきり、鍋に大豆だけもどします。
その後マッシャーで、










いつも言えないあの人への苛立ちを
ここぞとばかりにめいいっぱいこめて、
普段のたまりにたまったストレス
全ッッッ力で豆にぶつけます!












どりゃああああああああああ!!!!









PAP_0141.JPG



PAP_0139.JPG


はあはあ…。
まあ、ざっとこんなかんじです。
実は最初、ブラウンのハンディタイプのブレンダーで潰そうとしたのですが、
思いのほか時間がかかったうえ、
結局ポテトマッシャーを併用するハメになりました。


「これだけ柔らかく煮えてるんだから、
 マッシャー、使うだけでよくね?」



と思って、マッシャーのみで最初から潰したら、
むしろそのほうが、早く綺麗にペースト状にできたという…。
医学は今まで多くの命たちを犠牲にし、そのうえで積み上がってきました。
料理道もまたしかり。
みんな、オラの屍を超えて行け!






PAP_0139.JPG

経過はともかく、ペースト状にした煮大豆を冷まします。
あまり温度が高い豆ペーストの中に麹を入れると、
麹菌が死んでしまうからです。





お味噌の仕込みが終わるまで、あとちょっと!





PAP_0137.JPG

煮汁はまだ捨てちゃダメだよ!



**ブログランキングに参加しています!
**この記事がおもしろかったor役にたったらポチっとお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログへ




スギハラ食堂2012冬ver.手作り味噌仕込み記録 3/3 へ続く!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。