2013.03.20

【麹で甘酒作ってみた】麹少なめ配合のエコ甘酒ができました 〜ヨーグルティアde醸すぜ!発酵女子生活 米麹の甘酒 その2


こんばんは、スギハラ食堂です。
昨日作った麹甘酒が、管理人的にかなり好みの甘味・濃さに仕上がったので
自分の覚書を兼ねて、レシピを記録しておこうと思います!
しかもエコです! フトコロにも優しいです!(笑)


ちなみに当食堂での甘酒の作成には、
タニカさんの65度までの温度設定ができるヨーグルトメーカー、
ヨーグルティアを使用しています。



CA3F0631.JPG
まさかの衝動買い商品が、こんなにも
スギハラ食堂の食生活をまさに今、塗り替えんとするとは…。
発酵の道、おそるべし。



すでにこのヨーグルティアで甘酒は試したことがあり、
美味しく甘く仕上がり、それなりに成功していたのですが、
その時の配合だと、管理人的に水分が多かったんですね。
飲むだけではなく、お菓子や料理の甘味料としても使ってみたかったので、
もうちょっと濃度がほしくて…。


ちなみに初回の時の麹甘酒のレシピはこちらの記事でご紹介しています。
ストレートで飲む分には、サラッとしていてこれはこれで美味しかったです。
また、この時のレシピは残っているご飯で作ったので、
お米から炊かなくていいのも、気楽に作れます。


というわけで、前回の改良したい点をふまえ、
今回は水分量を少なめにして再挑戦。
また、今回は残りご飯が全くなかったので、お米から炊いて作っています。
無洗米を使っているのと、保温調理でお粥を炊いたので、
米からとはいえ、そんなに手間ではありません。
残りご飯の時も、結局、火を使ってましたし、前回。



『麹少なめ配合のエコ甘酒(水分少なめ濃厚ver.)』


材料(作りやすい分量)
※ヨーグルティア使用で成功
※出来上がり量はヨーグルティアの容器半分位

無洗米 1合(今回、北海道産ななつぼし使用)
水 500cc
米麹 100g
(前回・今回とも富澤商店の生米麹使用)




1.お鍋に分量の水を入れてから、無洗米を入れ、30分浸水させる。
 必ず 水を入れて、米 の順番で。

CA3F0709.JPG




2.30分以上、米を浸水させたら、強火にかける。
 鍋の水が沸騰したら、蒸気が蓋のスキマから出る程度に火力を弱め、3分。
 タイマーを使って正確に図ることをオススメします。

CA3F0710.JPG




CA3F0711.JPG
うっかりするとすぐ吹きこぼれそうになるので、気をつけて!
その時は火を弱めてください。
この時は保温性の高い鍋だったのもあって、
かろうじて消えない程度のとろ火まで弱めました。
それでも蓋からは蒸気が出続ける状態を保っています。




3.きっかり3分たったら火からおろし、
 厚手の毛布や、鍋帽子のようなもので保温します。
 シャトルシェフでもOK。
 当食堂は、ずーーーっと以前に通販生活で買った、
 お鍋のクッションみたいな、お布団みたいなもので保温しました。
 保温すること30分。




4.30分後、ちゃんと炊けています。
 通常のご飯とおかゆの間ぐらいのご飯です。

CA3F0715.JPG





5.4でできたごはんを切るように混ぜ、
 上下の炊きむらがないようにしながら、ごはんの温度を下げます。
 料理用の温度計があればベスト。
 ちなみに65〜55度ぐらいに温度が下がった時の鍋肌の熱さは、
 ゆっくり数えて10秒ほど、手のひらをかろうじてあてておける位の熱さでした。
 ただし、管理人の個人的な主観です…。


CA3F0717.JPG
写真がいよいよ理科の実験のようになっています。
なんか楽しい(笑)




6.65〜55度ぐらいに温度が下がったごはんに、
 麹を入れて混ぜます。

CA3F0718.JPG






7.煮沸消毒済のヨーグルティアの容器に6の麹+ごはんを入れ、
CA3F0723.JPG





ヨーグルティア本体にセット。
温度を56度・時間を8時間にして、スタート。
CA3F0724.JPG





途中、3時間経過したあたりで、一回かき混ぜます。
CA3F0751.JPG




8.8時間後、できあがり!
PAP_0761.JPG


お米の粒が指で力を入れずともボロボロと崩れてしまう状態で、
ちゃんと甘味がでていればOKです!
それ以上、発酵が進まないように、氷水等につけて急冷します。
容器の中に水が入らないように注意してくださいね。





CA3F0666.JPG

スギハラ食堂では、冷水にケーキ等を買ったときについてくる、
小さい保冷剤を4,5個入れて、冷ましてます。
常温に冷めたら、冷蔵庫へ。




甘味料かわりにも使いたかったので、
今回、ブレンダーでペースト状にしました。
水分を抑え目のおかゆ(というか水分多めのご飯)で作ったので、
ゆるめのジャムか、クリームのようになりました。
このままムースみたいにスプーンですくって食べちゃいたいくらいです。

PAP_0759.JPG




こっちの写真の方がクリーム感なめらか質感が伝わるかな?
PAP_0755.JPG




結論から言うと、麹の割合は一般的なレシピよりかなり少なめの
エコでお財布に優しい甘酒だったのですが、
かなり管理人好みの仕上がりとなりました。
もち米の方が、通常のうるち米より甘味がでて濃厚になるらしいのですが、
普段気軽に使うなら、スギハラ食堂的には今回のレシピの、
この甘さ・この濃さで、かなり満足です!
何より材料が気軽・麹の量も少なくてお財布にもやさしい!(笑)


このレシピの配合でどうもスギハラ食堂は落ち着きそうですが、
麹の量が少ないので、この二倍量の麹で作ってみたいのと、
もち米の麹甘酒も、ぜひ試してみようと思います。
上手くいったら、こちらもブログにご報告しますね!



PAP_0752.JPG
水を少し足してシナモンをちょっとふってみました。
甘酒と言えば生姜(ジンジャー)ですが、シナモンも美味しいですよ!
今回は冷たいままで。


お粥の保温調理での炊き方はこちらのレシピを、
Cpicon 加熱時間5分弱お鍋でごはんを炊く方法 by 東雲A

甘酒の作り方・麹の割合はこちらのサイトさまを参考にさせていただきました。
Colore-コロレ-
http://www.eonet.ne.jp/~pour-les-petits/index.html


おかげさまで美味しくできましたー!
ありがとうございます!^^



**ブログランキングに参加しています!
**この記事がおもしろかったor役にたったらポチっとお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログへ




2013.03.19

発酵食品で免疫力はアップできているのか? その2 -健康は大切だけど注意しなくてはいけないこと


こんばんは、スギハラ食堂です。
『発酵食品で免疫力はアップできているのか? その1』の続きです。
昨日の記事はかいつまんで説明しますと、


「腸内環境を整えると健康や美容に良いらしい」
「腸内環境を整えるには乳酸菌はじめとする、善玉菌を取り入れるといい」
「善玉菌を取り入れるにはヨーグルト等の発酵食品がいい」


「でも、日本人がヨーグルト食べ始めたの最近で、
 それまでの穀物中心の長い食生活の中で適応した
 日本人腸にヨーグルトは、あっているのか?」



という話でした。


正直なところ、ヨーグルトに限らず、
健康にいいと言われる食品やサプリメントの合う合わないは、
個人の体質差が大きいと思うのです。


牛乳ベースのヨーグルトも、ちょっと続けてみて、具合がいいようなら、
美味しい、作るのが楽しいと思うなら、続ければ良いと思うのです。
管理人は、牛乳ベースのヨーグルトでもお通じは良くなりましたし、
食べないより、食べたほうが、体の調子はよかったのです。


ただ、たまたま豆乳を牛乳の代替にしていたとき、
肌の調子がよかったので、今回、ヨーグルト生活をするときに、
「せっかく手作りするのなら豆乳ヨーグルトで!」 と思ったのでした。


たまに「健康のためなら死んでもいい」という、
皮肉ったフレーズを見ることがありますが、
「楽しい」「美味しい」「嬉しい」という感情がないのに、
しぶしぶ「健康のためだから」と続けるのは、
毎日のこと、日常のことゆえに、しんどいと思うのです。


免疫力をあげる方法として、腸内環境の改善はとても有効な方法ですが、
「楽しい!」と思う気持ちを持ち続けることも、大切な要因だそうです。


ところで、あらためて管理人が言うまでもないことですが、
何らかの治療・医療行為を受けている方は、
主治医の先生に相談しながら、「体に良い」とされるものを
取り入れてってくださいね。



病院勤めで、栄養指導をしている管理栄養士の先生に聞いたお話ですが、
それまで、長らく同じ治療薬で病状が改善していたのに、
あるとき、状態が悪くなり、食事の聞き出しをしたところ、
ご自身で健康に良いと思ってサプリメントをとったり、
極端な食品摂取をしたりということしていたことがわかったとか。


前置きが長くなりましたが・滝汗
今のところ、作るのも食べるのも、
楽しく美味しく続いているスギハラ食堂では
まだまだ発酵食ブーム続きそうです。



CA3F0723.JPG



今日は甘酒を仕込んでいます。
先程仕込みから6時間経過の時点でかき混ぜたとき、
すでにかなり甘くなっていました。
今回は前回の麹甘酒のレシピより水分を少なくしてみたので、
どうなるか楽しみです!

2013.03.18

発酵食品で免疫力はアップできているのか? その1 -ヨーグルティアで手作り豆乳ヨーグルト生活実践中


こんばんは、スギハラ食堂です。
今夜は『主治医が見つかる診療所』で
『腸を健康にして若返り・免疫力UP・やせる・実現SP』
やっていたのですが、完全に忘れて見そこねました。
9割の確率で、きっとヨーグルトはじめとした、
発酵食品ネタをやったに違いないのに!! くやしい!!(笑)


ちなみにその間、何をしていたかというと、
家族がスケート見ていたので、一緒になって見てました。
浅田真央ちゃん、パラソル持って可愛かった…。


番組内容の概要は、後日、公式サイトであがるでしょうから、
のちのちあらためてチェックするとして、
塩麹やヨーグルトで最近流行りの発酵食品の免疫力アップ効果について、
管理人なりにまとめてみようと思います。

OTAKU気質なので、ハマると調べまくるんですよ…。
ひと通り調べると気が済んじゃうんですけど。




『腸内環境を整えると免疫力がアップする!?』

ちょうどこの話を書こうと思ったきっかけである、
「主治医が見つかる診療所」や「ためしてガッテン!」などのTV番組や
「病気にならない生き方」「免疫革命」などの医師著作の本で、
腸内環境を整えると病気になりにくい、というのは、
この数年で、一般にも、かなり知られてきたように思います。


腸の役割は、食べ物の消化吸収や排泄物を作るだけではありません。
食べ物が体内の中に入るのをイメージするとわかるのですが、
腸というのは、体の内側にあるのに、
口から食道、胃、そして腸へとつながって、
外界に直に接している臓器です。


外界に直に接しているために、
体内に侵入してくる細菌や有害な物質に直にさらされます。
戦場で言う、いわゆる『前線』なんですね。


『外からの侵入者』…細菌やウイルスに立ち向かう為に、
前線基地である腸には、多くの免疫細胞が集まっています。
そして、その免疫細胞がしっかりと働くには、
腸内細菌が良い状態であることが重要になってくるのです。



『腸内細菌はじゃあ何をやっているのか?』

腸内細菌の状態を良くしろと言われても、
じゃあ、具体的に彼らは何をやっているのでしょう?
色々と役割はありますが、主な項目をあげてみると、


●免疫力を高める
●体内酵素を作る
(体内酵素の欠乏や消耗が老化や病気にかかわる)
●体内に入った細菌や毒素、化学物質等を排除・分解
●食べ物の消化・吸収
●ビタミンを作る



などなど。腸、頑張ってくれてます。
乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が増え、
腸内の環境が良くなると、お通じが良くなるだけでなく、
免疫力が向上し、風邪にかかりにくくなったり、
かかっても軽くすんだりというのは、


腸内の環境が良くなる

腸内細菌の活動が活発化する

免疫力がアップする



というサイクルから成り立つものなんですね。
このことから、テレビや雑誌等のメディアで取り上げられるような、

「健康の為にヨーグルトを食べよう!」
「ヨーグルトは体にいい!」


という情報になっているのだと思います。
実際、ヨーグルトは体にいいと思います。
日本人に不足しがちなカルシウムの補給にもいいですし、
(牛乳ベースのヨーグルトの場合)
便通が良くなる場合が多いので、
それだけでもスッキリ感が違いますから。

ただ…。
日本人がヨーグルト食べ始めたのって、
生物の歴史として見たときに、ほんの最近なんですよね。
牛乳を飲むことですら、明治か大正の近代に入ってからでしょう、日本人。

戦後はすっかり欧米ナイズされつつある日本の食生活ですが、
ちなみに、スギハラ食堂もハンバーガー大好きですが、
基本的に草食系(?)の歴史が長かった日本人の腸と腸内細菌の環境は、
それなりに草食系に相応しい形で、進化してきたと思うんですよ。

この戦後世代の1世代、2世代ぐらいの世代交代で、
すぐに肉食系に腸がチェンジするほどの進化適応性はないんじゃないかなと…。
あくまで個人的な意見と考えなんですが、
マクロビやローフード、発酵食等の本を何冊か読んでみると、
あながち大きく間違ってもいないようです。


なので、腸内環境を改善という意味合いで、
ヨーグルトを作ろう・食べようと思ったとき、
牛乳じゃなくて豆乳にしようと考えたのは、管理人にとって、
わりと自然な流れでした。


牛乳は牛乳で美味しいんですけども。
用途によっては牛乳も使います。毛嫌いしているわけではないです。
スキムミルクは常備してますしね。


まあ、ごちゃごちゃ言ってますが、


豆乳、常温で日持ちするっていうのが
牛乳から乗り換えた一番の理由でした!(笑)



栄養二の次でした(笑)


さて、長くなっちゃったんでつづきます!
次は今流行り(?)の塩麹や甘酒の話もありますよー!たぶん!



**ブログランキングに参加しています!
**この記事がおもしろかったor役にたったらポチっとお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。